公園の雑草22021年05月04日 18:20

今は白い綿毛になっちゃってる。
 これも昼休みに行く公園のもの。池の斜面の土留めの杭のところに生えている黄色い花。
 『日本の野草・雑草』で見ると・・・オニタビラコかヤブタビラコか、な。
 雑草類は似たようなものが多いので、初心者としてはなかなか判別が難しい。

滝山城址に行った42021年04月25日 18:07

周りの景色がよく変わる公園だ。
 古峯(こぶ)の道を進んでいくと、周りの雰囲気が変わった。急に緑から茶色の風景になった。下草や藪がなくなり、木々がにょきにょき立っているだけ。
 ここを抜けて歩いていくと、どんどん下り坂になって人家が見えるようになる。
 予想より広い公園だった。今回は東側しか周れなかったので、機会があれば西側を歩いてみたい。

滝山城址に行った32021年04月25日 18:05

山あり谷あり、高低差の大きい公園だ。
 公園マップの表紙にもなっている橋まで来たので写真を撮った。よく見えないかもしれないけど右端にいるのがわたし。
 平日だったので来ている人も少なく、のびのびした気持ちで歩ける。どこからか鶯の鳴き声。何度も何度も鳴いている。いいなと思いながら、ぼーっと歩いていたら躓いて転んだ。

滝山城址に行った22021年04月25日 18:02

空は晴れて、鶯も鳴いて気持ちいい。
 竹林を抜けると、しばらく舗装された道になる。三の丸址といった看板がいくつか立っているが城を思わせるものは何もない。
 お昼の時間が過ぎていたので、どこかに座れるところがないかなと思いながら登っていった。
 千畳敷址という開けた場所に出る。木製のベンチとテーブルがいくつかあったので、ここで昼食。コンビニのおにぎりと、うちから用意してきた玉子焼き、ミートボール、ミニトマトをいただく。

滝山城址に行った12021年04月25日 17:58

いきなり山道が始まる。
 何日か前は雨模様という予報だったのに、当日は降水確率0%の晴れ。すばらしいお天気のもと、八王子の滝山城址公園に行った。
 バス停の向いがもう入り口。公園というより山道を登っていく感じだ。竹林に囲まれた細い道をひたすら登っていく。

公園の雑草12021年04月15日 23:52

スミレにも、コスミレ、アカスミレ、ノジスミレ、アリアケスミレ、マルバスミレ、ツボスミレといろいろあるそう。写真と本を見比べて、たぶんタチツボスミレ。
 『日本の野草・雑草:低山や野原に咲く471種』を見ていると、雑草などというものはない、雑草などとひとくくりにしてはいけないと思うようになった。
 そこら辺でよく見かける草、どこにでもある珍しくない草、迷惑なだけみたいに見える草にもそれぞれ名前がついている。名前がわかると、雑草というかたまりから抜け出て、ひとつの生き物として見られるものだ。
 これは、昼休みに散歩にいく公園に生えているタチツボスミレ。