まちの洋食屋2020年12月20日 15:26

全部食べると結構なボリューム。
 一年に一度くらい、お肉を食べたいと思う日がある。昨日がその日だった。
 せっかく食べるのだから、ちゃんとしたものを食べたいと思い、駅向こうのキッチンTに行った。
 ここは、いわゆるまちの洋食屋さんだ。親父さんが一人でやっている。
 この日はポークソテーにした。
 その場で、肉の塊からソテー用に切り分けて、小麦粉をまぶして、焼いてくれる。
 付け合わせは、ナポリタンのスパゲッティ。ご飯とみそ汁が付く。ザ・日本の洋食屋という感じ。
 何を食べさせられているのか、首をかしげたくなるこの時代、無骨だけれど、確かなものを食べられるこんなお店はありがたい。

業務スーパーはおもしろい2020年11月05日 23:49

 高級輸入商品を置く小洒落た都会のスーパーがある。
 業務スーパーは、そういうところとは対極的なおもしろさを持つお店だ。
 値段が安いということもあるが、ここでしか見ない商品も多い。
 業務と付いているだけあって、業務用の大袋も多いし、冷凍物も多い。
 中華製品もけっこう置いてある。アタリはずれもある。
 豆腐皮(トーフピー)スライスを、はじめて食べたときは感心した。
 スパゲッティ風にして食べたのだが、これはこれで全く違和感がない。コンニャク麺みたいな代替品感がないのだ。
 この日は、薄焼き餅を買ってみた。
 見た目はトルティーヤみたいで、フライパンに入れて両面を焼くだけ。
 食べてみるとおいしい!
 ただ、餅っていうからもち米製かと思って、袋をみたら小麦粉だった。小麦粉が苦手なわたしには、そこは残念。
 また、何かおもしろいものを探しに行こう。

カフェ "O to O"2020年09月26日 16:53

トーストプレートをいただきました
 「知り合いがカフェを始めた」というので、連れて行ってもらった。
 昭島駅から歩いて20分くらいのところ。自宅の一部を改造したという小さなカフェだ。
 ご主人が3月に退職され、ご夫婦ともに仕事を離れたのを機に、カフェを始められた。奥様がやってみたいと思っていたのだそうだ。木・金・土の週3日間、二人でここに立つ。慣れない作業に戸惑うこともあるようだが、このほわーっとした空気がいい。
 空間って、そこに誰がいるかで決まってくるんだなと思う。 
 http://otoo.mongolian.jp/01/